当てはまること|自分はうつ病か?と思ったのならまずはチェックを
女性

自分はうつ病か?と思ったのならまずはチェックを

当てはまること

レディー

うつ病による睡眠と食欲の変化

うつ病の傾向は、大きく分けて4種類あります。睡眠、食欲、メンタル、そして肉体です。主にメンタルが取り沙汰されるうつ病ですが、実際のうつ病というのは肉体面にもダメージが生じるものであり、体にうつ病のサインは現れます。ここでは、そんなうつ病の兆候のサインを紹介していきます。自分に当てはまるものはないかチェックをし、不安を感じた場合は心療内科で診察を受けるようにしてください。まず、睡眠からチェックしていきましょう。うつ病の傾向がある場合、寝不足あるいは寝すぎてしまう傾向にあります。そして、共通しているのは、どちらでも寝ても疲れがあまり取れないということです。また、寝不足の人の特徴としては起きなければならない時間よりも一時間早く目覚めたり、そこから寝付けないといった人がほとんどです。逆に、寝過ぎる人は半日以上寝てしまっている傾向もあり、どちらも従来の睡眠時間よりも以上が発生していることが多いです。次に食欲ですが、こちらは拒食状態になることが多いです。食欲が全く湧かず、口に入れても激しい嘔吐感を覚えて吐き出してしまうこともあります。近年では逆に食欲が増加する「非定型うつ」という、うつ病も発見されています。また、味覚も多くの場合変化し、味が全くしなかったり、何を食べても不味いと感じることも多いです。

うつ病による肉体と精神の変化

次に、うつ病による肉体とメンタルのチェックをみていきましょう。肉体の変化で最も顕著なのは、体の倦怠感と節々の痛みです。何をするにも億劫になり、体を動かしたくなくなります。これは睡眠障害にも大きな影響があり、体を動かすのが億劫になる他、ベッドから起き上がれなくなり、また寝てしまうという事が多いです。そして、運動していないのに筋肉痛になったり、体のあちこちで痛みが生じるのもうつ病が関係しています。うつ病というのは精神が常に緊張状態にあるということでもあり、それに影響して筋肉も硬直しています。そのため、その影響で筋肉痛が生じてしまうのです。そして、メンタルです。これはとにかく気分が落ち込み、無力感にさいなまれることが主です。悪化していくごとに、自分は存在価値がないと思いこむようになったり、自殺を考えてしまうことも特徴です。逆にすごく気分がハイになり、感情が暴走したような状態になることもあります。これを躁(そう)といいます。気分が明るくなっているので良い傾向に思えるかもしれませんが、実際のところは逆であり、暴力的な性格になったり、聞いてもいないことを喋るようになったりと、精神に少々異常が発生している状態です。うつ病の場合、この躁状態も度々起こることが多く、躁鬱状態になる人は少なくありません。このように、うつというのは肉体、メンタル、そして体の機能に著しいダメージを与えてしまうものです。もし、自分がうつなのではと思うのでしたら、心療内科でチェックを受けましょう。自分で発見し、早期に解決できれば治療期間は極めて短くなります。