うつ病は治療できる|自分はうつ病か?と思ったのならまずはチェックを
女性

自分はうつ病か?と思ったのならまずはチェックを

うつ病は治療できる

カウンセリング

代表的な治療方法

セルフチェックでうつ病の可能性が浮上し、そこから医師の本格的なチェックと診察でうつ病だと診断された場合、ショックを感じることも多いです。しかし、近年ではうつ病の治療方法とは多く発見されており、自分の体質にあった治し方というのは見つかりやすくなっています。中でも最もポピュラーなのが、抗うつ剤による治療です。現在、鬱に関する治療薬は多く開発されており、投薬によって改善するという例は多いです。しかし、投薬治療のみでは回復は難しく、様々な治療方法と併用して治療していくのが基本となっています。
例えば、カウンセリングです。カウンセリングはうつ病治療の中でも非常に効果があるとされており、心療内科のカウンセラーの人の技量にも左右しますが、副作用もない治療法だとして注目を集めています。会話をするだけならば心療内科に通わなくても良いと考える人はいるかもしれませんが、それは誤りです。うつ病患者のカウンセリングとは「がんばれ」を始めとした、いってはいけないという言葉が多く、迂闊に素人がカウンセリングの真似事をすると事態が悪化してしまう可能性は高いです。よって、カウンセリングは心療内科にいるプロのカウンセラーにおまかせしましょう。他の治療法として、心療内科でも推奨している治療の一つに運動があります。運動を行うことにより体内のセロトニン(精神のバランスをコントロールするための物質)とエンドルフィン(脳内麻薬とも言われている物質で、分泌されることでた好感を得ることができる。無害)を分泌し、脳の精神バランスの安定化と多幸感を得ることができ、それに伴いうつ病の改善につながるというものです。実際に、運動は治療に適しているという研究結果が発表されており、治療後の再発も予防できるとされています。

瞑想による治療法

うつ病治療の一環として、瞑想を行うというのも多くの心療内科が注目しています。瞑想によるリラックス効果はセロトニンの分泌を手伝うため、非常に効果があるとされています。なお、瞑想の方法はリラックスした姿勢で座り、鼻から腹式呼吸を行うことに集中します。最初のうちは難しいかもしれませんが、慣れていけばうつ病治療の他にも疲労回復や寝不足解消などにもつながるとされています。また、瞑想と有酸素運動を組み合わせたMAPトレーニングはより効果的だとされ、取り組んでいる人は多いです。
これらうつ病治療の方法は、そのまま予防にも利用できます。カウンセリングにて悩みを打ち明けたり運動によってストレスを解消するのは神経を落ち着かせたり、快眠効果も望めるため、うつ病の原因でもあるセロトニン不足などの解決も行えます。もし、セルフチェックや医師のチェックで少し傾向があると診断されたのなら、悪化する前にこれらケアを行い、問題を回避しましょう。