心の中をチェックするうつ病早期発見の方法

自分はうつ病か?と思ったのならまずはチェックを

当てはまること

レディー

うつ病というのは、風邪や下痢と同じく症状が一致しており、その傾向もほぼ同じです。うつ病というのはどういったものをここでチェックし、自分や友人や知人が当てはまらないかどうか確かめてみましょう。

詳細を確認する

うつ病は治療できる

カウンセリング

心療内科のチェックで自分がうつ病だとわかっても、そこでショックを感じる必要はありません。うつ病というのは早い段階で判明すればするほど早く治せますし、現在は多くの治療法が発見されています。

詳細を確認する

うつ病の原因を知ろう

ドクター

うつ病は完治するまでにかなりの時間がかかります。うつ病になってからの治療法を知ることも大事ですが、一番はうつ病にならないことです。どういったことが原因でうつ病になってしまうのか、その原因をチェックしましょう。そうすることで、予防や早期解決にもつながります。

詳細を確認する

うつ病への疑い

婦人

うつ病への疑い

「うつ病は心の問題」というのが大間違いだということは、今や多くの人が知り始めています。うつ病とは立派な病気であり、心の問題だからこそうつ病になるのではなく、うつ病になったから心にも問題が出始めているのです。うつ病は、非常に怖い病気です。心が無気力になるばかりかマイナス思考に陥ってしまい、睡眠不足や関節痛、精神のバランスの不均衡の果てに自殺をしてしまう人だっています。そして何よりも完治には長い時間がかかります。そのため、多くの人はうつ病に対し非常に警戒しています。
うつ病に対する理解が深まった影響か、多くの人がこう思います。「自分はもしかしたらうつ病かもしれない」と。うつ病に関する知識は、インターネットで気軽に見れる時代になりました。症状や徴候など、サイトで事細かに書かれておりうつ病患者の体験談も簡単に閲覧できます。そのためか、自分の現在の状態と鬱病の症状に若干似通っているところがあると、疑心暗鬼になってしまう人は多いです。大半は思い過ごしであることが多いのですが、それでも疑心暗鬼になってしまうということは、実はうつ病に大きな悪影響をおよぼすことがあります。疑心暗鬼は小さなストレスとなり、そこから更に悪化してうつ病を誘発するおそれがあるからです。よって、もし自分がうつ病なのではと思うのでしたら、なるべく早くにその不安を解決していきましょう。

チェックでうつ病検査

自分はうつ病かもしれないという不安があるのなら、インターネットのサイトを活用し、うつ病チェックを行いましょう。現在、うつ病の情報も気軽に知ることができる他、セルフチェックも多くの心療内科のホームページで気軽に無料で行えるようになっています。当てはまる項目にチェックを入れて、自分がうつ病であるかどうかを調べていきます。基本的には問題なし、傾向あり、注意が必要、要検診の4段階で検査の結果が出ます。前者2つならば全く問題はありませんが、後者になればなるほど生活環境の見直しが重要になってきます。また、要検診の場合は心療内科に行き、より本格的な診断を受けましょう。また、セルフチェックでも正常だったけどやっぱり不安な場合も、心療内科のチェックを受けましょう。
このチェックを受けるというのは、実際には非常にストレスの緩和に効果があります。疑心暗鬼の状態というのはセルフチェックを行っても信じきれない部分があるのですが、プロの精神科医に大丈夫とお墨付きをもらうことで、「自分は大丈夫だ」という安心感を得ることができます。そのため、セルフチェックでも不安が残り、なおかつ不安を確実に取り除きたいのであれば、信頼できる人気の心療内科に行って検査を受けましょう。